2006年06月02日

癒し系音楽としてのヘミシンク!

こんにちは、ヘミシンクストア、Ayaです。


今日は金曜夜なので、ブログもオヤスミしたいんですけど、
そんなわけにもいかなくて・・・
iPodにまだ新しい曲入れてないので、
ヘミシンク試聴レポート!もまだ書けないですね。。。

というわけで、他に「癒しのCD」ということで
ネットサーフィンしてみたのですが、
気づいたことには、「癒し系音楽」というと
大きく分けて、

●ネイチャー系(自然音):鳥のさえずり、風の音など・・・
●クラシック系:モーツァルト、ハイドン、など・・・
●民族系:ハワイアン、アフリカ系など・・・
●ニューエイジ系:シンセサイザーで合成した音など・・・

という系統があるようです。

どれも、メロディーライン、ハーモニー、ムードなどに
力を入れて創られています。

この流れで、ヘミシンクは、このどれにもあてはまらず、
技術に最も力を入れて開発されたもの、と言えるでしょう。

脳に直接働きかける、音楽。

もちろん、音楽はどんなものでも脳に働きかけを
行って、楽しい感情、大きな感動、ときには悲しさ・・・
などを演出するわけですが、
ヘミシンクは特に効果に特化した開発をしているといえるのではないでしょうか。。。

今日のところは、ここまで!

Aya
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18757670

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。